デンソーでは、「仕事と生活の両立」をさまざまな形でサポートしています。
具体的には、法定以上に充実した育児休暇や短時間勤務制度をはじめ、配偶者の転勤に伴う再雇用制度や、会社近くの託児所の設置(トヨタグループ5社による共同設置)など、女性はもとよりすべての社員が安心して仕事と生活を両立できる環境づくりを進めています。
今後も、働く場所や時間の柔軟性を高めるためのモバイルワークシステムの導入など、一人ひとりの活躍の場を広げるため、新しい取組みも積極的に行っていきます。

仕事と生活の両立支援

主な両立支援制度・サポート体制・サービス

育児休職育児休職は最大で通算3年間、子が小学校を卒業するまでに分割して取得することができます。
短時間勤務短時間勤務は最大で通算4年間、子が小学校を卒業するまでに分割して取得することができます。
時間外労働(残業)免除子育て時間確保のため、小学校に入学するまで、所定時間以外の勤務を免除する制度があります。
子の看護休暇子が小学校を卒業するまで、病気やけがなどで子の看護が必要なときに取得できる休暇制度があります。
復職支援交流会育児休職中に、復職後の働き方をイメージするための復職支援交流会を開催し、円滑な復職を支援しています。
託児所トヨタグループ5社共同で運営する事業所内託児施設「たっちっちハウス」では、早朝や夜間も預け入れが可能なため、 個人の状況に応じた多様な働き方に対応しています。

その他のサポート

配偶者の転勤に伴う
復職制度
配偶者の転勤へ同行する場合に、転居先から現在の勤務地へ通勤できなくなった場合、一旦退職し、その後に復職する仕組みです。
モバイルワークITを用いたモバイルワーク制度を導入することで、帰宅後に自宅で資料作成する等、働く場所・時間の柔軟性拡大に努めています。これにより、子供の送迎、病気時の看護など、忙しい子育て期でも仕事面のチャレンジを後押しする環境整備に努めています。