デンソーでは、「キャリア形成」と「仕事と生活の両立」の2 つの視点から様々な施策を導入し、女性が安心して活躍できる環境を整備しています。「キャリア形成」においては、女性管理職数の数値目標を設定するとともに、女性社員の採用を強化。女性のキャリア形成に関する理解促進や意見交換の場づくりを行っています。また、「仕事と生活の両立」においては、各種支援制度の充実を含め、様々なサポート体制の整備に力を入れて取り組んでいます。

※上部動画に登場する伊藤みほは、平成28年2月の異動にて、基礎研究所 基礎研究部 部長に昇進となりました。

キャリア形成について

女性管理職数の数値目標の設定

現在、デンソーには係長格以上の女性役職者が150名以上、課長職以上の管理職数は40名程度在籍しています。今後、女性の活躍をいっそう推進していくために、女性登用の数値目標を設定。2020年までに、課長以上の管理職者数を100名にすることを目標に、取り組んでいます。

女性社員の採用強化

デンソーでは、女性の活躍推進を見据えて、女性社員の計画的な採用を推し進めています。
近年の新卒採用においては、「事務系総合職」では半数近くを女性が占めています。一方、「技術系総合職」においては女性の比率がまだまだ少ない現状にあります。そこで、工学部系のみならず、農学や化学など、理学部系からも積極採用を行い、女性社員の新卒採用数を増やしていく予定です。

女性フォーラムの開催

デンソーでは、女性社員はもとより、上司も含めて、女性のキャリアや働き方を考える機会を積極的に増やしています。
2014 年度は、事務系・技術系総合職の女性社員約400 名とその上司全員が集まる「女性フォーラム」を開催。女性活躍推進に向けた強い想いを社長が直接語るとともに、社外有識者の講演、女性同士によるネットワークづくりを通し、女性社員とその上司がともにキャリアを考え、語り合う機会を設けました。

女性フォーラムの開催
女性フォーラムの開催

仕事と生活の両立について

仕事と生活の両立支援

デンソーでは、仕事と生活の両立支援制度の拡充をはじめ、仕事と生活の両立についていつでも相談できるカウンセリング窓口の設置など、様々な面から女性の活躍を支援しています。

>「仕事と生活の両立支援」に関する制度やサポート体制については、「多様な働き方を支える仕組み」をご覧ください。

両立支援に関する主な受賞・認定実績

2008年10月 厚生労働省が推進する表彰制度「均等推進企業部門」で「愛知県労働局長賞」受賞
2009年6月 厚生労働省「仕事と育児の両立支援に積極的に取り組む企業」に認定
(認定マーク:くるみん)
2010年11月 愛知県「ファミリーフレンドリー企業」に認定
子育てサポートしています