使命使命
予防安全分野におけるイノベーションをリードし続けること。予防安全分野におけるイノベーションをリードし続けること。

デンソーは、これまで数多くの革新的な予防安全製品を生み出してきました。その一つが「プリクラッシュシステム」です。これは、クルマに搭載したセンサで前方車両や障害物など周囲の状況を把握し、事故を防ぐシステム。衝突前にシートベルトの巻き取りやブレーキ制御を行うことで、衝撃を軽減するシステムとともに、2003 年2月発売されたハリアー向けに世界で初めて搭載されました。
最近は、テレビCM などでご存知の方も多いと思いますが、世界に先駆けてこのシステムを生み出したのは、デンソーなのです。
しかし現在、プリクラッシュシステムをはじめとした様々な予防安全製品(機能)を普及車まで展開することは、コストの観点から難しいのが現状です。そうした中で、多様な機能を備えた予防安全製品を、普及車にも搭載できる低コストで、なんとしてでも開発すること。そして、世界中の自動車事故死傷者を一人でも減らすこと。それが、予防安全分野におけるイノベーションをリードし続けるデンソーに課せられた大きな使命であると、私は考えています。

人やクルマ、障害物を検知し、追突回避を支援するプリクラッシュシステム普及車にも多彩な予防安全製品パッケージを搭載したいと熱く語る横井人やクルマ、障害物を検知し、追突回避を支援するプリクラッシュシステム普及車にも多彩な予防安全製品パッケージを搭載したいと熱く語る横井

人やクルマ、障害物を検知し、追突回避を支援するプリクラッシュシステム

普及車にも多彩な予防安全製品パッケージを搭載したいと熱く語る横井

想い想い
「総智・総力」、「現地現物」で何があっても品質を出し切る。「総智・総力」、「現地現物」で何があっても品質を出し切る。

予防安全システムの開発は、「画像センサ」「ミリ波センサ」「システム評価」「開発基盤」「品質保証」など、複数の専門部署が一体となって進めていきます。また、「画像センサ」を一つとっても、「認識アルゴリズム」「製品ソフト実装」「ハードウェア」「国内・海外の協力会社様」が連携・融合しながら取り組んでいきます。一つのシステムをつくっていくには、多勢の関係部署、人間が関わり、デンソーが重んじる「総智・総力」で取り組まなければ何も生み出すことはできないといっても過言ではありません。
また、このシステムが世界市場で使われるためには、各国の道路を実際に走り、それぞれの国の道路状態や道路標識、ドライビング特性などもふまえた性能評価が不可欠です。開発担当者自らが海外現地でのテストを行い、その国・地域で実際に生活しているドライバーのフィーリングまでこだわり、確認し、設計開発に反映させていくことも少なくありません。私自身もドイツやオランダ、ベルギーでの走行テストに参加しました。このように「現地現物」を重視する開発もデンソーの強みの一つといえます。
「総智・総力」と「現地現物」を徹底して行い品質を出し切り、世界からの信頼に応えていく、それが私の曲げられない想いです。

認識アルゴリズム開発チームのミーティング風景社内の走行試験場にて、開発中の製品をクルマに搭載して実施される実験風景認識アルゴリズム開発チームのミーティング風景社内の走行試験場にて、開発中の製品をクルマに搭載して実施される実験風景

認識アルゴリズム開発チームのミーティング風景

社内の走行試験場にて、開発中の製品をクルマに搭載して実施される実験風景

夢夢
事故防止を含めて、安全・安心・快適なクルマインフラを信じて。事故防止を含めて、安全・安心・快適なクルマインフラを信じて。

予防安全システムをはじめとした走行安全技術の高度化は、交通事故原因の9割以上と言われる人為的ミスをカバーしたり、ドライバーが苦手なドライビングシーンをサポートしたり、高齢者のクルマの運転支援にもつながります。
また、予防安全システムによる道路インフラとの協調(路車間)や、自車以外の車両から得た情報の活用(車車間)がより高度に進んでいくことによって、事故や渋滞のないクルマ社会を実現していくこともできると私は信じています。
そのためにも、走行安全に関わる様々なスペシャリティと、世界の人々のために自分たちは何ができるかをとことん考え抜き、最後の最後まであきらめずにやりきる気概を携えた人間たちが、革新的な技術の実現に挑み続ける。そして、より安全性の高い製品を、より低価格で提供することによって、世界中のユーザーに、安全で快適な未来を届けていきたい、そんな夢に想いを馳せながら、私は日々、開発を続けています。

実験データを分析し、アルゴリズムの改変を行う横井横井は、すべての人々に安全で快適な未来を届けたいという夢を馳せる実験データを分析し、アルゴリズムの改変を行う横井横井は、すべての人々に安全で快適な未来を届けたいという夢を馳せる

実験データを分析し、アルゴリズムの改変を行う横井

横井は、すべての人々に安全で快適な未来を届けたいという夢を馳せる