魅力ある技術や製品を、世界に届けるために。高度で独創的な生産システムを提案する。

技術系 | 生産システム | 2013年入社  本田 恵理 Eri Honda

HISTORYHISTORY

  • 2013年 | 入社 
  • > 同年9月 | ダントツ工場推進部 第1生産システム室  
  • > 現在

MY WORKMY WORK

プロジェクトリーダーとしてたくさんの人たちをリードする、生産技術の仕事は面白い。

私は生産技術を担当しています。「生産技術」とひと言でいっても、その業務内容は多岐にわたります。例えば、どのように生産するかという工程設計、機械や設備、治具も含めた生産ラインの構築、将来を見据えた新技術の開発・導入など。さらに、製品の材料選定や構造設計などに関わるケースもあります。
どれだけすばらしい技術や製品があっても「生産技術によるシステム」がなければ、その価値を世界中のお客様に届けることはできません。加えて、いかに品質良く、いかに低コストで、いかにスピードをもって生産できるか、つまり、どれだけ高い生産性を生み出せるかが、製品の魅力や競争力を大きく左右します。そのため、既存の設備を購入するのではなく、たくさんの部署と協力し、ときにはいちから設備を作り上げていきます。プロジェクトリーダーとして他部署をまとめ、若手のうちから大きな役割を果たすこと、それが仕事の面白さです。広範な専門知識と経験が求められる難しい仕事といえますが、やりがいの大きい、挑戦しがいのある仕事だと感じています。

SCHEDULESCHEDULE

  • 07:00
  • |通勤|
  • 電車で通勤。本を読んだり英語を勉強したり。
  • 08:10
  • |出社|
  • メールチェック。予定やタスクの確認、整理。
  • 09:30
  • |打ち合わせ|
  • 複数の部署と打ち合わせ。
  • 12:00
  • |昼食|
  • 同僚たちと昼食。
  • 13:00
  • |実験|
  • 工場へ。実験、評価を繰り返し、設備を調整。
  • 16:30
  • |打ち合わせ|
  • 実験結果の報告や、課題について議論。
  • 19:00
  • |退社|
  • 翌日のスケジュールを確認して、退社。

MY EXPERIENCEMY EXPERIENCE

モノヅクリの源流から、生産まで。

私が最初に携わったのは、次期型ガソリン直噴ポンプの生産システムの構築。中でも、人の作業に関わる工程設計を担当しました。毎日工場に通い詰め、現場の方々とコミュニケーションをとりながら、実際作業をする方にやりづらさを感じさせないライン作りをめざし、原寸大の設備で確認・検証しました。生産現場における人と設備の在り方を考えるきっかけになりました。その後、ディーゼル部品に適用する生産技術の開発を経験。それまで世界に存在しなかった技術の開発には苦悩が伴いましたが、社内の専門部署と協力し推進することで、デンソーの技術力の高さやチームワークの強さを改めて感じました。そして現在、ハイブリッドや電気自動車の主要部品であるインバータの生産システムの構想・技術開発を推進しています。つくりやすさの観点から製品設計にも参画し、設計と協力しながら競争力のある世界一の製品を創造して行きます。モノづくりの源流である製品設計から開発、そしてそれを実際に生み出す生産まで、幅広く経験できるのが生産技術の楽しさです。製品の、デンソーの、未来を創る楽しさと責務を日々感じながら業務に取り組んでいます。

本田 恵理

MY DREAMMY DREAM

働く人とともに、働く人のために。

デンソーにおいて、生産技術力(モノづくり)は製品開発と並ぶ競争力の源泉です。そのため、私が所属するダントツ工場推進部では、グローバルな視点で生産競争力を向上できる工場の将来像を描き、デンソーグループ全体の生産技術水準の向上に取り組んでいます。私もその一翼を担えるよう、今後も知識や経験、視野を広げる努力を続けていきたいと考えています。
「モノづくり」の「モノ」には物と者の意味が込められています。ただ生産性だけを考えた設備ではなく、そこで働く人たちの目線で、どの国でも「いい設備を作ってくれてありがとう」と言っていただけるような生産システムを生み出すことが目標です。働く人のことを考え続け、ともに未来の工場の在り方を創造し、成長していきたいと思っています。

本田 恵理